Untitled

ぬるい懐古オタクがだらだらと語るだけ。クシャナ殿下と南雲隊長とハマーン様に愛が偏っています。

映画「Alita Battle Angel 」(アリータ バトルエンジェル)2019

ガンダムNTを身に行けなかった腹いせ第二弾として、ロバート・ロドリゲス監督、ジェームズ・キャメロン氏が製作&脚本の「アリータ バトルエンジェル」を近所の映画館で見てきました。

ハリウッド映画を映画館で見るなんてすごく久しぶりだ。最近は映画なんてパソコンの画面でしか見ることがなかったからねぇ。最後にハリウッド映画を映画館で見たのっていつだっけ?と考えていたら、なんとキャメロン監督の「アバター」が最後だったことに気が付きました。って、もしかして私はキャメロン監督のファンなのだろうか…。自分で気づいていないだけで。まあ、キャメロン監督は結構なオタクで押井監督の攻殻とパトレイバーが好きらしいので、無意識のうちに親近感を抱いているのかもしれない…。

 

雑感の前に、私は残念ながら原作の「銃夢」を読んだことがありません。OVAは映画を見る前に予習がてらざくっと見ておきました。ということで、私の雑感はアニメ版しかしらない視聴者からの感想ということになります。

 

以下、雑感。ネタバレありなので、ご注意ください。

 

 

 

正直、思っていたよりも楽しめました。何よりもアクションと映像が素晴らしかったです。

ストーリー自体は、OVA版を元に、原作のモチーフ(アリータの前世?とモーターボール)を上手に混ぜ込んでいました。世紀末な世界観やストーリーはいかにも80年代の日本のSF漫画が原作だなという感じで、当時は新鮮だったのだろうと思いますが、2010年代も終わりの今では、古いを通り越して懐かしいなあとちょっと感傷的な気分に。

正直、ストーリーを楽しむ映画じゃないですねぇ。アクションはすごくよかったです。特にモーターボールのシーンの躍動感は、映画館の大きなスクリーンで見る価値があります。こんなにハラハラドキドキさせられたのは久しぶりかも。

映像もお見事! サイバーパンクとスチームパンクの融合っていう感じですかね。建物や街並み、サイボーグの機械仕掛けはスチームパンクっぽいビジュアルですが、それ以外の近未来描写は割と王道のサイバーパンクですね。嫌いじゃないです。

 

アリータの目が大きいのが話題になっていましたが、全く不自然じゃなかったです。原作レスペクトを感じられて、個人的にはむしろ好印象。

 

ストーリーについてですが、一つ気になったことが。OVAではイドがもっと若い青年に描かれていたのですが、映画では完全に中年の男性で、父性が強調されていました。アリータに死んだ娘を重ねて、アリータを娘のように扱うというところがポイントなのですが、私はすごくハリウッドっぽいなあと思いました。年の離れた中年男とティーンネージャーが男女関係を思わせるような曖昧な関係に見せないために、徹底して父と娘の絆を強調しているという感じがしました。このあたりはアメリカらしい。孤独な中年男と10代の少女が疑似父娘の関係を築くというのは、個人的にはかなり好きなパターンなのですが、あくまでも「疑似」なのがポイントで、アリータにイドを「dad(お父さん)」と呼ばせて頬にキスさせるのはちょっとやりすぎだなと思いました。

OVAではイドはダークな部分を持つキャラだったと思うのですが、映画版ではイイ人っぽさが全面に出ていましたねぇ。あと、イドの元恋人(OVA)を元妻にして、死んだ娘の母親にしたというのも、あまり好きじゃない改変だな。アリータを助けたのが母性からというのが気に入らない。

ハリウッドらしいといえば、白人・黒人・アジア系とキャラの人種を万遍なく取り揃えているところも今時のアメリカ映画らしい配慮ですね。(嫌みではない)

 

正直、実写とCGでここまで表現できるなんて、ハリウッドの最先端映像技術はすごいなあと本当に感心します。そして、日本のアニメはこの技術にどう対抗できるのか、興味と心配の両方が…。80年代後半から90年代前半の日本のセルアニメは確実に最先端だったし(押井監督の攻殻GITSとパト1&2はいい例だよね)十分対抗できたんですよね。ただ、日本でもCGが主流になって、手書きのアニメはロストテクノロジーになっていくだろうし、資金力に劣る日本のアニメ界がCG主流のSFものを作るとき、どういう風に映像をつくっていくのでしょうか…。それとも、映像表現でハリウッドに勝つことはあきらめて、アイデアで勝負!となっていくのかしら。

 

そうそう、私はハリウッド版の攻殻機動隊をまだ見ていないんですよ。吹き替え版が見たかったので、映画館に行かなかったのですが。少佐のお声は田中敦子さんじゃないとイヤだし、バトーも大塚明夫さんの声じゃないとイヤ。でも、アマゾンプライムでみられるから、とりあえず見てみるか。さすがに、アメリカのアマゾン日本語吹き替え版はないだろうけど。仕方ないね。

 

 

積みプラはじめました

先月、ガンダムNTを観に行けなかった腹いせにガンプラを数十年ぶりに購入しました。

 

色々種類があってよくわからず迷ったのですが、MGシリーズではなくてHGシリーズというものを買うことにしました。いきなり高価なものを買うと作るのに失敗したときのダメージが大きいので。(なにしろ数十年ぶりにガンプラを作るの!)

 

で、買ったのは、勿論ハマーン様の愛機、AMX-004 キュベレイ (1/144) 

www.amazon.com

 

そして一人だと寂しかろうと思い、痴話喧嘩相手のMSN-00100百式(1/144)も購入。

www.amazon.com

 

もともと、コロニーレーザー攻防戦ごっこをするつもりで、シロッコのジ・Oを買おうと思っていたのですが、気が変わって、ジュドーのMSZ-010 ZZガンダム(1/144)を買ってみました。

www.amazon.com

 

 

じゃーん。届きました。

 

f:id:banana_snow:20190311012434j:plain

キュベレイとZZガンダム 箱

 

思っていたよりもでかいんですけど…。(昔はガンプラの箱ってもっと小さかったような記憶があるんですが)

 

 

箱を開けてびっくり。

f:id:banana_snow:20190311012631j:plain

キュベレイ 箱の中身

パーツの数が多い…。で、説明書が長いんですけど…。ZZなんて説明書が冊子なんですけど…。

f:id:banana_snow:20190311012743j:plain

ZZガンダム 箱の中身

 

 

私は自慢じゃないけど、IKEAの家具組み立てるのが大得意なんです!

だから大丈夫だよね! すぐに作れるよね、たぶん…。

 

パーツの色を見ていると、塗装はしなくてもよさげですね。(たとえ塗装が必要でも、そんな高度なスキルはないけどね!)

昔は、小さなセメダインのチューブがついてきたと思うんだけど、入っていないことを見ると、接着剤は不要なのかしら。

とりあえず、ニッパーとやすりを買ってくるか。 

 

ところで、百式はまだ届きません。在庫の関係なのか、配達は3月下旬になってしまいいました。ちょっと寂しいけど、今届いても、作っているヒマなさそうだし、まあいっか。

 

当面、キュベレイちゃんとZZ君の箱を眺めてニヤニヤするだけの日が続きそうです。

 

f:id:banana_snow:20190311013024j:plain

キュベレイとZZを積んだところ

俗に言う積みプラってやつですな。

(ちなみに私は積ん読が趣味です。)

 

ところで、ハマーン様の言う「一騎打ち」というのは、「二人だけのデート」だと解釈していいと思います! ハマーン様はモウサでZZと一騎打ちという名のデートがしたかったんだよね。ああ、健気だ…。ジュドーに素直にデートしようって言えればよかったのに。まあ、好きな男の乗ったMSにファンネルぶちかましてダルマにしてしまうような女だからねえ…。愛情表現がおかしい。

 

 

 

オタクとしての敗北

えーと、生きています。ようやく今日から一週間の春休みです。とはいえ、休みなのは学生たちだけで、私はこの機会にたまった仕事を一気に片付けて、遅れまくっている締め切りスケジュールに追いつこうと目論んでいます。忙しいのはいつものことなので、もう慣れたんですけど、つくづくブラックな職業だ。

そして、予想できたことではあるのですが、ガンダムナラティブの2月19日一日だけの全米劇場公開にやっぱり行けませんでした。朝5時半起きで、朝7時にはオフィスに行って、ずーっと仕事。夜は9時ごろ家に帰って、家でも寝る前まで仕事。そんな多忙な週に往復5時間かけて映画なんて見に行けるはずがないんですが、正直すごくへこみました。

オタクとしての敗北感に打ちひしがれたっていう感じ。

 

敗北感その一

頭では、仕事あってのオタク活動だということがわかっているんですよ。仕事を失えばたちまち生活できなくなって、オタク活動なんて問題じゃなくなるわけで。しかも当日、天気が悪かったので、疲れた脳みそでハイウェイをぶっ飛ばせば、事故る危険性が高かったし。

ただ、そういう万難を乗り越えオタク活動に命を懸けるのが、オタクのヒロイズムなんですよね。うう、負けたわ…。

 

敗北感その二

そもそも私が都会に住んでいたらこんなに悩まなくて済んだわけですよ。ふらっと仕事を切り上げて映画館に行って、見終わったらまたオフィスに戻って仕事するっていうだけの話ですから。映画の二時間だけならスケジュール切り詰めて捻出できたはずです。(実際、以前東海岸に住んでいたときは、仕事をふらりと切り上げてよくライブに行っていました…)なので、今のド田舎住みが全ての元凶。ただ、私も好き好んでこんな田舎に引っ越したわけじゃないんですよ。仕事のため仕方なく、泣く泣く今の田舎町に…。今のアカデミックジョブマーケットの惨状では転職もかなり大変。ああ、この田舎な立地のせいでオタク活動もままならないなんて、凄まじく屈辱的だ。

 

ということで、腹いせに、

1)ガンプラを買った。(キュベレイと百式とZZ)

2)「アリータ」を見に行こうと思う。

 

 

 

 

 

 

ガンダムNTの公開は一日のみ

朝7時から夜中まで仕事しても、次から次へとくだらない仕事がわきあがり、やってもやっても仕事が終わらないよ…。でも、あと数か月でこの狂ったような忙しさも終わるから、と自分で自分を鞭打って仕事しています。で、気になるガンダムNTの劇場公開ですが、どうやら2月19日(火曜日)一日のみの全米公開だとわかりました。

まじで一日のみなの? しかも平日だよ? 

都会に住んでいたら、仕事帰りに立ち寄れるだろうけど、このド田舎に住んでいる私にどうしろって? 2時間半ハイウェイを飛ばして行けっつーのか。でもって、映画を見終わって2時間半かけて帰るのか…。うーん、泣きたいよぉ。せめて木曜ならなんとかなったのに…。

でも、とりあえずこの週末、総力を挙げてがんばる。(最後まで見にいくのを諦めないよ。ガンダムオタクはしつこいのです。)

 

ガンダムNT来月公開

とうとう私の住んでいる国でもガンダムNTが2月19日から公開されることに。

ひゃっほーと喜びつつも、私はド田舎在住なので、どの街まで遠征しなくちゃいけないのかねぇと映画館リストを探してみたけど…。

うーん、一番近い映画館でも、ハイウェイを時速90マイル(もちろんスピード超過)でぶっ飛ばして2時間半かかるのだなぁ、これが。

往復5時間かぁ、きついねぇ。ヒマな時ならいいけど、2月末に大切な締め切りがあるので、ヘロヘロになっている頃だろうし。3月になれば春休みが1週間あるんだけど、おそらくそこまで上映していないと思う。公開期間は1週間かな?長くて、2週間ってところだと思う。

 

  • ハイウェイぶっ飛ばしてでも見に行くべき理由:
  1. いつオンラインで配信されるかわからないし、そんなに待てない!早く見たい!
  2. 観客動員数に少しでも貢献したい。
  3. で、NTの動員がよければ、「閃光のハサウェイ」も公開してくれるかも。
  4. どんな人が見に来ているのか見てみたい。

 

 

  • 配信を待つべき理由:
  1. 仕事が修羅場。2月末の締め切り、間に合うの?
  2. 往復5時間も運転するのは大変。しかも忙しい時期だと疲れていて事故る可能性大。
  3. 公開は吹き替えのみ。(ゾルタン君CV梅原さんの演技が堪能できない…)
  4. 日本みたいな劇場特典とかグッズ販売などはない。

 

えーと、要は、締め切り頑張って早く終わらせれば全て解決ってことかな?

 

昔都会に住んでいたころだったら、ふらりと仕事を切り上げて見に行けただろうに、これだから田舎はイヤなんだよ。東海岸に帰りたいよお。住むところを選択できない仕事はマジでshit。実際、住む地域どころか、住む国すら選択できないっていうのが現状。仕事があればどの国でもいいって感じだし。本当は、仕事さえあれば日本に帰りたいんだよ…。アカデミックの研究職はマジでブラック中のブラック。Publish or Perishなんて言われるけど、どんだけ論文出してもハードルは上がる一方。テニュア付きのポジションにありつけただけでもマシってわかってはいるけどねぇ。特に私の分野はすごーくニッチでめったにポジション空かないし。ああ、せめて車で1時間くらいで都市に行けるぐらいのところに住めればなぁ…。はぁ、もっと業績上げてよそに移れるように頑張ります。(で、ますますブラックへと落ちていく私…)

 

 

 

 

 

みんなのうちゅうせいき

年が明けてもガンダム再燃はひどくなる一方。「もえあがーれー もえあがーれー もえあがーれー がんだむ~」ってファーストのころから言っているからね。当然だよね、と開き直っております。

 

そうそう、やっとジ・オリジンのアニメを見終わりました。結構以前から断片的に見ていたんですが、間が空いたせいか、ずっと放置してました。どこまで見たかも覚えていない有様でしたが、冬休みの間にようやく完走しました。えーと、これ6話で完結なんですよね。あんまり完結って気がしない…。

で、正直、感想に困ってしまいます。それなりに面白かったし、ファースト本編(三部作映画も込みで)との違いも冷静に受け止めて「それはそれ、これはこれ」で楽しんだのですが…。ノスタルジックを通り越してアナクロニスティックだなというのが印象ですかね。対象ファン層を想定してこういう風に作ったのかもしれないけど、ちょっとひどすぎる。もう少し後になって、なにかまとまった(まともな)感想が書ければいいんですけど。

ファーストは勿論好きだし、ガンダムシリーズの始祖として敬意を持っているんだけど、私はZ・ZZの世代なんだなとつくづく実感しました。リアタイではほとんど記憶にないんだけど、小説版とそのあとのビデオレンタルで繰り返してみたZが私にとってのファーストガンダムだったのだと思います。もうねぇ、Zに対する思い入れが違いすぎる。

 

閑話休題。

さっき気が付いたことですが、バンダイのyoutubeチャンネルだと海外IPははじかれて見られないのですが、サンライズのyoutubeチャンネルなら海外からでも見られます。

 

 


ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀!

 

これで宇宙世紀の素人さんがわかるわけないだろ。内輪ネタすぎる。

でも、ゾルタン君、いい性格してるじゃない。ネオジオンの先輩たちをこきおろしまくり。気に入ったよ。俄然、ガンダムナラティブ見たくなりました。

(CVの方、いい演技してますな。お名前を覚えておかなきゃ)

そんなゾルタン君でもハマーン様は怖かったのね。だーかーらー、「お姉さん」呼ばわりかよ! 俗物アレルギー上等じゃ!  

で、あれもこれも、赤い彗星なのに黄色かった人のせいにされてましたが、まーその通りだよね。

 

 にしても、これ福井氏のネタなのね。

言っていい?

 

フクイさんよお、自分のユニコーン史を宇宙世紀史にしれっとぶちこんでるんじゃねーよー!自虐ネタでごまかすなーーーー!

 

なんでフクイ版ガンダムが本編にまじって、当然みたいな顔してんだよ。もうこれだから、後付け設定ばっかり増えていくし、しかも気が付いたら正史になっていくんだよな。正直うんざりだ。

 

はっきり言おう。

正史なんてやめよう。

 

で、以下のように表記。

 

富野宇宙世紀(TUC) 

安彦宇宙世紀(YUC) ―あ、yuckでよろしくないですな。

福井宇宙世紀(FUC) ―あ、これはFU*Kでヤバイやつになりますね。

以下、増えるたびに同上。この先、北爪宇宙世紀(KUC)が増えるものと見込まれる。

 

まあ、ガンダムオタクとしては気に入ったものを称え、気に入らないものは自分の好きなように解釈して、どんなガンダムが来てもネタとして楽しめるのが一番いいんだけどね。

 

 

 

 

 

銀河漂流バイファムのOP曲

冬休み明けそうそう、仕事がフルスロットルですでに死にかけ…。こういうときはだいたい脳みそが現実逃避モードに入るのです。

今週の現実逃避モードは、懐かしの「銀河漂流バイファム」のOP曲! エンドレスで聞いています。

 

なんでこんな懐かしいものを唐突に思い出したかというと、80年代アニメのOP曲集を仕事中BGMで聞いていたんです。

 


銀河漂流バイファムOP Full

 

このOP曲は子ども心ながらにかっこいいと思っていましたが、今聞いてもやっぱりかっこいい! なんとなくエイジアっぽいなあと、今聞いていて思い出しました。プログレ好きで、実は、エイジア好きだったんですよ。昔、ジョン・ウェットンが来日公演したとき2回も見に行ってしまったくらい。

 

とにかく私の子ども時代ってサンライズのロボットアニメとともに育ったといっても過言ではないかも。(まあ、兄とチャンネル争いをして勝てた試しがなかったというのが現実だったんだけど...。)

 

内容もよかったんですよね。子どもたちが厳しい状況にもかかわらず明るくて元気で、でもリアリスティックで。

カチュアが大きいお兄さんたちに人気だったというのは後で知ったことですが、綾波レイの元祖っぽい? 私はスコットが好きだったな。ジミーとケンツのコンビも可愛かったけど。

ガンダムZZの子どもたちに全く共感できなかった子ども時代の私ですが、バイファムの子どもたちにはすごく共感していました。

 

バイファムは、ガンダムシリーズのように再放送で見る機会もなかったから、リアタイで見て以来、全く再視聴していないのですが、もう一度見たいアニメの10本に入っています。