Untitled

ぬるい懐古オタクがだらだらと語るだけ。クシャナ殿下と南雲隊長とハマーン様に愛が偏っています。

非常事態下の日常

ああ、全世界が引きこもりに……。

引きこもり体質の私ですが、さすがにこの事態は勘弁してほしい。

うちで好きなお菓子をかじりながらひたすらアニメを見るとかガンプラを組むとかそういうお気楽な引きこもりがいいのに。これは洒落にならない。

で、私の夢の引きこもり生活は破綻を迎えまして、学校は閉鎖、授業はすべてオンラインに移行しました。あーあ。わずかな準備期間のみでなんとかオンライン授業を組み立てています。

まあ私だけではなくて全米の教員はみんなパニックに陥っていまして、阿鼻叫喚の様子。ここ2週間ほどFacebookやブログではオンライン授業の話題ばかり。70歳過ぎたような大ベテラン先生から若い大学院生のTAまでみんな等しく巻き込まれて右往左往しているので、妙な連帯感が生まれているのが可笑しいです。

実際のところ、オンラインに向いている科目と向いていない科目があるんです。あとEdtech会社がオンライン教材を開発しているような科目(だいたいどこの大学にもあって、大規模な履修者が見込まれるような科目=利益が見込める)ならいいんですけどね。

私の専門はニッチなので教材は自分でそろえて作っています。オンライン教科書なんて夢のまた夢。今学期教えているもう一つの科目は、教科書はあるんですが、科目自体がオンライン授業にあまり向いていないので、苦戦中。

とりあえず講義をZoomで撮影して、Learning Management System(うちはCanvasというのを使っています)にアップロードする。で、Zoom上でフリップ授業をしてなんとかしのいでいます。でも、私の所属先は州立大学で低所得の学生が多く、パソコンを持っていないとか家にwifiがないという子が多いんです。田舎で携帯の接続状態が悪いという子も多い。なので、講義のビデオは10分単位のコマ切れにするとか、Zoomで接続が悪い子は他にフォローアップをするとか色々工夫を凝らさなければならなくて大変です。

都会で裕福な学校の学生たちが相手ならこんな苦労はしなくていいのでしょうが、この国の貧富の差を思い知らされています。そして貧富の格差がこうして学問の機会格差に直結するんですよね。私はこの田舎で低所得な家庭出身の学生たちにも都会の裕福な大学で学ぶ学生たちと同じように学問の最先端を教えたいという使命を持ってこの所属先に移ってきたのですが、現実は厳しいです。

 

実際のところ、この非常事態では勉強どころじゃないというのもわかります。お店がことごとく閉まっているので、多くの学生がアルバイト先を失っているでしょうし。私の住んでいるエリアではまだ外出禁止令は出ていないのですが、集会は禁止され、レストランは10人以上のお客を中に入れてはいけないということに。でもこれって事実上の閉店みたいなものじゃない? テイクアウトはOKだけどその売り上げなんてたかが知れているし。ショッピングモールも続々閉まっているし。

で、パニックの買い占めがすごいことになっています。先週なんてパスタ、卵、ミルクなどなど全部地元のスーパーで売り切れていました。そしてこの2週間ほど全く手に入らないのが、トイレットペーパー!

別の州の友達もみんな同じことを言っていたので、トイレットペーパー買い占めは全米で起こっているようです。日本でもトイレットペーパーが買い占められていたそうですが、洋の東西を問わず、人間の原初的な衝動なんですかねぇ。

で、ある友人が「トイレットペーパーを使う量を減らそうと思っている」と言っていたんですが、思わず爆笑してしまいました。

だってさ、劇場版パトレイバー2のシゲさんじゃあるまいし!

 

シバシゲオ「今日からトイレットペーパーも1回15センチまでだぁ!」

 

f:id:banana_snow:20200324144722j:plain

劇パト2

名セリフですな。

 

まさしく非常事態宣言下にある日常ですよね。まあ、うちは田舎なので、P2にあるような都会の中にある戦時中という雰囲気は味わえませんが。

 

そうそう、地元のガールスカウトが手作りマスクを作って病院などに寄付する活動をしていまして、型紙をFBで配布して女性陣がせっせとマスクを縫っています。あーあ、どんな戦時中だよ、と思わずうんざりしていまいました。

 

とりあえず、この事態をパト2ごっこだと思えば少しは非常事態を楽しめるかも!などと思いつつ。

でも、パト2を見るとねぇ、やっぱりしのぶさんが辛いんだよね。美人で凛々しいんだけど、痛々しい。後藤隊長は待っているなどと弱気なことを言わずに、さっさとしのぶさんをさらって駆け落ちでもなんでもすればいいのよ。はあ、パト2を見るのは好きなんだけどやっぱり辛い。なのでサントラを聴くだけにとどめておきます。

 

 

ひきこもり中

新型コロナウィルス自体は全く心配していない(考えても仕方がないことを悩むのは時間の無駄なので考えない)のですが、おかげでずっと準備してきたイベントがキャンセルされたのは非常に空しいです。特にここ数週間、ただでさえも忙しかったのに睡眠時間を削って準備していたので、虚脱感が……。

ということで今は一週間の春休み中ですがひきこもっています。(というか、春休みなのは学生たちだけで、教員は休みじゃない……)

たくさんお菓子を買って、youtubeをダラダラみながら、どうでもいい仕事を片付け中。で、HGのRジャジャを買ったので、積みプラします。(ただ棚の上に載せるだけ!)で、一年近く積みプラしていたHGのZZガンダムを今週こそ組みます。

私の住んでいる地域は、まだ学校の閉鎖はないのですが、オンラインで教えろと言われたら嫌だな…。オンラインコースだいっきらい。

 

ひきこもりついでに、pixivからもひきこもることにしました。疲れてしまったので。

そのうち気力が回復すれば、pixivに戻りたいと思っていますが。(関係のないジャンルの読者様には申し訳ないので、そちらは早く戻したいと思っています。)

まあこのブログ自体も数年前にツイッターから撤退してひきこもった成れの果てなので、引きこもり体質なのはしょうがないね。

 

 

 

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」雑感5

まだまだ歌舞伎版ナウシカに心をもっていかれているのですが、本当いい加減に現実に戻れよって感じ。なんかこうフワフワ心が浮いているんですよね。現実味がないというか。おかげで締め切り仕事が全く手に着かないというひどい有様です。(マジで論文とか学会発表の原稿とかグラントとか諸々サクサク書かないとやばいよ、自分…)

 

で、もうちょっと感想を吐き出せると楽になるかなと思い、歌舞伎版ナウシカの感想続きます。(前回の4で終わりにするといいましたが、ウソです)

にしても、前回までの感想を自分で読み返すと、「クシャナ殿下大好き♥」しか言っていないという非常に頭の悪い感想だわ……。いや、頭の悪い感想はいつものことなんだけど、なんかもう、殿下に申し訳ないです。(こんなしょーもない感想しかブログに上げられない自分が殿下の熱狂的ファンという意味で、殿下に土下座)

 

以下ネタバレ全開ご注意です。(あ、あと歌舞伎に関しては超素人なのでその点もご容赦を)

 

 

 

続きを読む

2020年 オタク活動目標

あけましておめでとうございます。

無事帰国しまして、さっそく仕事に追われてウンザリしています。年末、ナウシカ歌舞伎というトンデモない爆弾が落ちてきて、予定を全てぶっ飛ばしてしまったので自業自得とも言いますが。でも、全く後悔していません。

いやあ凄かったです、ナウシカ歌舞伎は…。あのクシャナ殿下の破壊力といったらもう…。いまだに動揺しています。

ナウシカ歌舞伎の話はまた今度するとして(まだ続けるんかい!と自分でツッコミを入れるところ)、とりあえず新年の目標です。

(2019年の反省はしない。)

 

観るもの:

1.

今年7月23日に「閃光のハサウェイ」が公開されるとのこと。これは見に行かなければ。最後はやっぱりあの鬱エンディングなんだろうか? ハサウェイには思い入れがないけど、私の大好きなブライト艦長のことを思うと…うう、泣けてくるわ。

トレイラーを見てみると、「逆シャア」の正統な続編と位置付けられていますね。なるほど……。内容的に続編というのはちょっと違う気がするけど、福井氏のユニコーン系に続編ヅラされるのもむかつくので、これはこれでOKです。

ただ音楽が澤野さんなのが、ちょっと…。澤野さんの音楽自体に全く文句はないんだけど、ユニコーン系と一線を画すために別の作曲家を選ぶべきだったと思います。

で、最重要問題は、これがアメリカで公開されるかってこと…。夏休みに日本に帰国する予定はないので、そもそもアメリカで公開がないとアウトですな。7月末はスケジュール自体は融通が利くので、たとえNYやLAのような大都会オンリーでも、劇場でやってさえくれればバケーションを兼ねて見に行きます。

2.

エヴァの新作は夏だっけ? いつ公開なんだろ? エヴァはアメリカでもちゃんと劇場公開してくれそうなので割合楽観的です。

3.

あとは、そろそろ攻殻機動隊の新作が出るころかな? これはネットフリックスなので、余裕ですね! 

4.

歌舞伎版「マハーバーラタ」の円盤を手に入れたいです。中村七之助さん演じる王女がかなりクシャナ殿下ぽかったという噂を耳にしたので、是非見てみたいです。(どんだけクシャナ殿下成分に飢えているんだ私は……って話ですが)

01/05/20 追記:今探してみたら、円盤出てないみたい…。えー、どうしても見たいんだけど。なんとかしてよ、松竹さん…。

 

実際のところ、何にハマるかは成り行き任せなので、細かく目標を立てても無駄だということが今年一年でよくわかりました。

 

 

 

(以下二次創作の話題です。興味のない方はスルーでお願いします。)

 

 

 

続きを読む

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」雑感4(おまけ)

だらだらと書きつけてきた新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」ですが、これで本当に最後にします。 (5に続く)

戦利品のご紹介です。

f:id:banana_snow:20191228193012j:plain

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」戦利品

グッズは正直、あんまりこれっていうものがなかった。殿下が載っているのは、クリアフォルダーだけだったので、保存用と観賞用に二点購入。

ブロマイドは殿下があまりにもお美しいので、つい大人買いしてしまいました。でも、ブロマイドなんて死語だと思っていたんですが、まだ実在するんですね…。

今回、中村七之助さんが演じられたクシャナ殿下に熱狂したんですが、宝塚ファンの皆様の気持ちがわかったような気がします。

 

残念ながらもうすぐ帰国するので、映画館でのビューイングは見られませんが、応援上映とかあると面白いと思います。みんなで、第三軍と一緒に軍団長に歓呼三声とかやっちゃうと楽しいよね。

円盤を出してくださることを次の楽しみにしたいと思います。

 

 

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」雑感3(クシャナ殿下)

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」感想の続きです。クシャナ殿下についてのエントリーですが、非常に取り乱していて申し訳ないです。

クシャナ殿下への愛を語りはじめると止まらないんです。強くて聡明で凛々しくて孤高の皇女、でも脆く儚いところがあって、本当は優しくて情に厚く、傷ついた心を抱えながら復讐に生きる有能な女指揮官なんて、惚れないほうがおかしい。殿下は自分の兵たちを守ろうと必死で、でも部下たちも殿下を守ろうと命を懸けているって、もうそれだけで胸が熱くなる…。クシャナ殿下は物理的にも強くて男たちを守れる人なんだけど、男たちもそんな殿下を体を張って守ろうとするっていう、第三軍の兵たちと殿下の強い絆がすごく好きなのよ。ああ、他にも殿下の好きポイントはたくさんあるんだけど、語りだしたら止まらないので、ここでひとまず止めておこう。

 

以下、歌舞伎版のクシャナ殿下についてネタバレ全開、かつ、私は歌舞伎には全くの素人なので、その点ご注意くださいませ。

 

 

 

続きを読む

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」雑感2

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」感想続きです~

 

以下も同様にネタバレ全開ですので、ご注意ください。

それから、歌舞伎は超素人ですので、その点もご容赦くださいませ。

以下、人物についてのざくっと感想!

 

 

続きを読む