Untitled

ぬるい懐古オタクがだらだらと語るだけ。クシャナ殿下と南雲隊長とハマーン様に愛が偏っています。

みんなのうちゅうせいき

年が明けてもガンダム再燃はひどくなる一方。「もえあがーれー もえあがーれー もえあがーれー がんだむ~」ってファーストのころから言っているからね。当然だよね、と開き直っております。

 

そうそう、やっとジ・オリジンのアニメを見終わりました。結構以前から断片的に見ていたんですが、間が空いたせいか、ずっと放置してました。どこまで見たかも覚えていない有様でしたが、冬休みの間にようやく完走しました。えーと、これ6話で完結なんですよね。あんまり完結って気がしない…。

で、正直、感想に困ってしまいます。それなりに面白かったし、ファースト本編(三部作映画も込みで)との違いも冷静に受け止めて「それはそれ、これはこれ」で楽しんだのですが…。ノスタルジックを通り越してアナクロニスティックだなというのが印象ですかね。対象ファン層を想定してこういう風に作ったのかもしれないけど、ちょっとひどすぎる。もう少し後になって、なにかまとまった(まともな)感想が書ければいいんですけど。

ファーストは勿論好きだし、ガンダムシリーズの始祖として敬意を持っているんだけど、私はZ・ZZの世代なんだなとつくづく実感しました。リアタイではほとんど記憶にないんだけど、小説版とそのあとのビデオレンタルで繰り返してみたZが私にとってのファーストガンダムだったのだと思います。もうねぇ、Zに対する思い入れが違いすぎる。

 

閑話休題。

さっき気が付いたことですが、バンダイのyoutubeチャンネルだと海外IPははじかれて見られないのですが、サンライズのyoutubeチャンネルなら海外からでも見られます。

 

 


ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀!

 

これで宇宙世紀の素人さんがわかるわけないだろ。内輪ネタすぎる。

でも、ゾルタン君、いい性格してるじゃない。ネオジオンの先輩たちをこきおろしまくり。気に入ったよ。俄然、ガンダムナラティブ見たくなりました。

(CVの方、いい演技してますな。お名前を覚えておかなきゃ)

そんなゾルタン君でもハマーン様は怖かったのね。だーかーらー、「お姉さん」呼ばわりかよ! 俗物アレルギー上等じゃ!  

で、あれもこれも、赤い彗星なのに黄色かった人のせいにされてましたが、まーその通りだよね。

 

 にしても、これ福井氏のネタなのね。

言っていい?

 

フクイさんよお、自分のユニコーン史を宇宙世紀史にしれっとぶちこんでるんじゃねーよー!自虐ネタでごまかすなーーーー!

 

なんでフクイ版ガンダムが本編にまじって、当然みたいな顔してんだよ。もうこれだから、後付け設定ばっかり増えていくし、しかも気が付いたら正史になっていくんだよな。正直うんざりだ。

 

はっきり言おう。

正史なんてやめよう。

 

で、以下のように表記。

 

富野宇宙世紀(TUC) 

安彦宇宙世紀(YUC) ―あ、yuckでよろしくないですな。

福井宇宙世紀(FUC) ―あ、これはFU*Kでヤバイやつになりますね。

以下、増えるたびに同上。この先、北爪宇宙世紀(KUC)が増えるものと見込まれる。

 

まあ、ガンダムオタクとしては気に入ったものを称え、気に入らないものは自分の好きなように解釈して、どんなガンダムが来てもネタとして楽しめるのが一番いいんだけどね。