Untitled

ぬるいオタクのひとりごと。だらだら、まったり、マイペース。

男性監督と榊原良子さま

ようやく私の脳内におけるハマーン様占拠率が95%くらいから70%くらいに下がりました。日常生活に支障を来たしていたので、とりあえずよかった。あと50%くらいにまで落とさないと仕事にならないので、もう少し妄想を吐き出さないと。

 

以下、ハマーン様に罵られそうな俗物ネタなので、ご容赦を。(ハマーン様には土下座)

 

ネットの海をさまよっていると面白い話を見かけました。

富野監督曰く「ハマーンは処女」。

一方で、ハマーン様のCV榊原さんはハマーンはシャアと寝ていたと思って演じていらした。

 

この説は出典が不明なのですが、ネットでまことしやかに語られています。

真剣に出典が知りたい。このポストをご覧の方で出典をご存知の方がいらしたらこっそり教えてください。

 

これって面白いなあと思います。私も榊原さんと同様で、ハマーン様はシャアと寝たからこその執着だと思うのですが。寝ていない男にあそこまで執着する女はいないよ~と女の立場からは思います。

ハマーン様の初めての男がシャアだった。で、あれほど執着するというのならとてもわかる話です。

私の感覚としては:

初めての男に執着する(→わかる:過去の男が上書き消去されないタイプ)

初めての男に執着しない(→わかる:過去の男が上書き消去されるタイプ)

寝ていない過去の男に執着する(→ええ?なんで?)

寝ていない過去の男に執着しない(→そりゃそうだ)

 

富野監督は、何を以てしてハマーン様がシャアに執着していると考えているのか・・・。まさかただの粘着質なストーカー?(まあそれも正解なんだろうけど)

 

まあ、ハマーン様がシャアと寝ていなければ、間違いなく処女だろうから、それはそれで二次創作的には楽しく妄想できるのでいいんですけど。(結局はそこかい!と自分で突っ込みを入れるところ)

 

 

榊原さんに関しては、劇場版パトレイバー2の南雲隊長をめぐって、押井監督と喧嘩したというお話がすごく好きです。榊原さんにしてみれば、南雲しのぶという女性がああいう理詰めなセリフ(最後の柘植とのやり取りですね)を吐くことはないと感じていらしたというのは、すごく共感できる話です。で、あの押井監督にはっきりと自分の意見を仰ったというのは本当に素敵。勿論、榊原さんほどの力量がある方で、押井監督もそれを認めていらっしゃるという関係だからこそと思いますが。(ぽっと出の若手なら監督に逆らうことなんてできないので)

そして、しのぶさんのセリフに納得がいかなくても、ちゃんと形にしてみせた榊原さんは素晴らしいです。(柘植とのやり取りのしのぶさんは切ない…)