Untitled

ぬるいオタクのひとりごと。だらだら、まったり、マイペース。

楊雅喆 「血観音(Xue guanyin/The Blood, the Corrupt, and the Beautiful) 」2017

もう一つ中国語圏映画、というか台湾映画を最近見たので、以下雑感。

 

楊雅喆 「血観音(Xue guanyin/The Blood, the Corrupt, and the Beautiful) 」2017

 

こちらも前回のエントリー同様、割といいレビューだったので見てみました。台湾映画を見るのもすごく久しぶりです。

内容は台湾の上流階級を舞台にしたやくざものって感じ。

アンティークの売買は表向きで、政界の裏金工作などのダークなお金を扱っている、上流階級の奥様が、不正をばれそうになったので、人を殺し、次々と殺人をするのですが、それに娘と孫娘が巻き込まれていくという話です。

うーん、プロットがいまいち唐突というかついていけない感じです。

 

主眼は母と娘の葛藤というだけあって、母、娘、孫娘の三代を演じた女優陣の演技は見事でした。

 

あとは、台湾映画にありがちな中途半端な日本語とか、そういうのはまあ、日本人の私としては微笑ましく見られるから、いいかな。あと、主人公母娘たちの家も日本家屋だったのが、台湾の上流階級が誇る(?)日本趣味を表していて、微笑ましいという感じ。台湾と大陸のどちらにも住んだことがあるんですが、日本文化に対する反応って真逆ですよね・・・。日本人としては台湾のほうが確かに暮らしやすいし楽しいのですが、時々我に返って、こんなに日本文化が溢れているのはどうよ?と思っていました。

 

映画冒頭に語り物のシーンがあって、通俗仏教的な因果応報を説いています。

いわゆる弾詞という芸能なのですが、このシーンがコミカルで面白かったんです。

で、最後にもこの弾詞のパフォーマーで締めくくるのかと思いきや、そうではなかったので、肩透かしをくらった感があります。

私はこの手の語り物が好きで、大陸や台湾に住んでいたときよく見に行ってました。方言がきついし、私のアヤシイ中国語聞き取り能力では、知っている演目でない限りは、理解しづらいんですが、土着の芸能を見る・聴くのは楽しいです。

 

えーと、お勧め度としては、まあ、そんなに、という感じです。台湾映画マニアならともかく…。