Untitled

ぬるいオタクのひとりごと。だらだら、まったり、マイペース。

どうしてハマーン様が人気に?

最近引っ越しをしたのですが、その引っ越し作業中にひたすらガンダムをBGM代わりにしていたおかげで、ガンダムに再燃中。

20年ぶりくらいに、劇場版「ガンダムIII めぐりあい宇宙」とZZを通しでみました。

Zガンダムの後半(第30話?でハマーン様が登場して以降)も5年ぶりくらいに見ました。(Zはちょこちょこ見直しているんですよね)

「めぐりあい宇宙」の出来の良さに感嘆です。シャアには愛憎があるけど、やっぱガンダムの男性キャラで一番好きなキャラだな。

ZZは再評価すべき作品だなとつくづく思います。ていうか、そんなに酷評されるほど悪くないよねぇ。結構いい出来だと思うんだけど。(一度ゆっくり語ってみたい!)

 

ところで、最近、NHKでガンダムの人気投票があったと知って、ようやく某サイトでこっそり見ました。

榊原良子さんが出ていらっしゃって歓喜!

榊原さんの地声はどちらかというと、南雲隊長だよねぇ。それも、後藤さんと隊長室でやりとりしている感じの。

 

以前から「俗物」というセリフが嫌いだと仰っていらしたけど、まああれはハマーン様のネタというか口癖みたいなものだから。

傲岸なハマーン様はそこが魅力かな、と。(実際、彼女に能力面で太刀打ちできる男はそうそういないしねぇ。)榊原さんの良識は素敵ですけど、それとこれとはまあ別問題ということで。

 

にしても、なんでここ最近こんなにハマーン様が人気なの???

本放送時は、ここまで人気じゃなかったはず。

当時のアニメ雑誌の人気投票でも、Zではフォウが人気だったし、ZZでは圧倒的にプルが人気だったことを覚えています。プルはあのロリなところと悲劇的な結末で人気が出るのは納得していたけど・・・。ZZが最終回を迎えた時に、「アニメディア」あたりの人気投票でハマーン様が20位くらいにかろうじて入ったと記憶していますが、でもそれっきりだったような。

 

で、ハマーン様の人気が上がった理由を考えてみました。

 

1)視聴者が大人になった

当時ZやZZを見ていた子どもたちはもう中年になったので、大人の理屈とか上に立つ人間に感情移入するようになったのかな。それと、視聴者も大人になって、ハマーン様のひねくれまがった性格やシャアに対する愛憎をかわいいと思えるようになったのでは。

 

私は子どもの頃からこの手のキャラが好きだったけど、当時はその孤高な強さと凛々しさに心を奪われていました。でも、大人になってからは彼女の可愛さに開眼しました!私がシャアなら、いっぱい甘やかして可愛がってあげるのに・・・。

 

2)中の人の人気

榊原さんあってのハマーン様だと思うので、榊原さんがアニメ業界で確固とした地位を築かれるにつれて、ハマーン様の人気も一緒に上がったのかな、と。

 

3)ゲームで強い

私はゲームを全くプレイしないのですが、ガンダムゲームやスパロボなどでかなり強いパイロットに設定されているようです。今、若い人でガンダム(特に宇宙世紀もの)はゲームで知ったという人も多いと思います。強い女性パイロットとしてコンスタントにゲームに出ていると、知名度もあがりますよね。しかも搭乗機はあの美しいキュベレイだし。

 

4)キュベレイ

ゲームの世界でハマーン様がパイロットとして人気が出るのなら、当然その愛機のキュベレイも!

キュベレイは曲線的なフォルムが美しくて、女性らしい優雅な機体だと思います。ファンネル使用のNT専用機で(NTしか使いこなせない)、NT能力の高いハマーン様ぐらいしか乗りこなせない、まさしくハマーン専用機。(プルのMKIIや量産型とは、カラーリングが違うよ!装備も違うみたいだけど)あの白とピンクを基調に紫と青を効果的に使った優美かつ可愛らしいカラーリングがハマーン様の捨てきれない少女らしさを表しているようでちょっと切ないな。

キュベレイはハマーン様の象徴でもあるわけで、その美しさと強さは同機のパイロットの魅力を相乗的に引き立てていると思えます。

永野護デザインなので、ある意味、ガンダムのMSでは非主流派ですが、それもまた特徴的でヨシ。

 

 

とまあ、ハマーン様人気が出るのはいいんですけど、公式で改悪はしてほしくないです。

はっきり言って、北爪氏の「C.D.A. 若き彗星の肖像」は最悪です・・・。

福井氏あたりにもハマーン様だけは触って欲しくないなぁ。