Untitled

ぬるいオタクのひとりごと。だらだら、まったり、マイペース。

デビルマン crybaby 第5話 (2018)

デビルマンOVAでシレーヌに心を奪われた私は引き続いて最新作のcrybabyシリーズを視聴。このためにNetflixに加入するという気の入れようです。(もっとも無料期間の一か月間で止めるつもりです。そもそもNetflixのアニメラインナップはいまいち私の好みじゃないんです。サンライズ系がないというのもちょっと。あと、古いアニメもほとんどないですし。日本のNetflixならまた違うのかもしれませんが。)

 

ざっと全部を見た感想。

とてもスタイリッシュでモダンな作りで、好印象です。平坦な少女漫画風の絵柄がエログロな内容をうまく和らげている感じですね。

あと、音楽の使い方(特にヒップホップの使い方)がモダンでいいですね。

オタク以外の若い世代にアピールするにはいいと思います。特に、海外展開を考慮するなら、アメリカの若い世代には確実にうける路線ですね。もともとヒップホップ自体、人種差別・階級格差・経済格差に対する若者の怒りや鬱屈が音楽の根底にあるので、それをうまく取り入れている(ミーコのエピソードなど)のもいいと思います。

 

内容はエロ盛だくさんでしたね。これもネット放映により制約の少なさだからでしょうか。エロは個人的に歓迎ではあるのですが、話の内容的にあまり意味のないエロが多いとちょっと残念かな。サービスシーン的になってしまうので。

 

で、肝心の第5話です。(シレーヌとカイムは5話以前にも登場していますが。)

シレーヌの人間体はきれいなお姉さんっていう感じで悪くないのですが、悪魔姿自体がすでに美しいので、人間体にあまりメリットはないとも思いました。でも、カイムの人間体はすごく好みです。ああいう、ごついおっさんと気の強い美女のコンビは大好き!人間体のカイムと妖鳥姿のシレーヌをいちゃいちゃさせたい!

あと、crybabyのシレーヌは性欲が強調されすぎていて、性欲のみで行動しているかのように描写されているのが、ちょっと不満です。OVA版はストイックで孤高な印象だったので、そちらの方が好みかな。あと、これは榊原良子さんの演技がそう感じさせるからなのかもしれませんが、どことなく儚げで孤独な印象がOVA版のシレーヌには感じられるので、そういう部分が削られているのも残念かな。

ただ、田中敦子さんのお声も演技もcrybaby版のエロいシレーヌお姉さんにうまくはまっていたと思います。その点に不満はないです。そもそも、少佐の喘ぎ声が聞けるなんてラッキーとしかいいようがない♥ (うーん、少佐とクゼのコンビか……)

 

カイムは前からシレーヌに好き好き光線を出しまくっていて、でも相手にされていなかったという、ね。可哀想。で、最後にようやく彼の愛が本当だとわかってもらえたわけだ。

OVA版だと、カイムが唐突に愛を告白したみたいな感じになっていて、このあたりの解釈は好みですかね。

 

ちなみにデビルマンとの戦闘シーンは、OVA版が圧勝だと思います。